記念演奏会 オペラ「ラ・ボエーム」長崎公演に出演します

こんばんは、鎮西学院高校吹奏楽部です。
(※以下文章にて敬称は略させていただきます。)
来月の20、21日の両日、長崎ブリックホールにて県オペラ協会と長崎交響楽団の
それぞれ創立30周年、40周年を記念し、また佐川吉男音楽賞受賞を記念して、
芸術監督・指揮に星出豊氏、演出に直井研二氏を迎えジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ「ラ・ボエーム」が上演されます。
鎮西より、バンダとして15名の生徒が出演することが決まりました。
詳細は以下の通りです。
【 日時 】2011年3月20日(日)、21日(月/祝)
【 会場 】長崎市茂里町 長崎ブリックホール 大ホール
【 料金 】SS席8000円、S席6000円、A席4000円、
      一般自由席3000円、学生自由席(高校生以下)・車いす席2000円
【開場時間】20日 17:00  21日 13:00
【開演時間】20日 18:00  21日 14:00
【 出演 】合 唱 長崎オペラ協会合唱団・長崎県オペラ協会児童合唱団
      管弦楽 長崎交響楽団
      バンダ 鎮西学院高等学校吹奏楽部
【 演目 】オペラ「ラ・ボエーム」全幕(イタリア語・字幕付き)
【 主催 】オペラ「ラ・ボエーム」長崎公演実行委員会
【 共催 】長崎県文化団体協議会
【 助成 】(公財)三菱UFJ信託芸術文化財団/(財)松園尚巳記念財団
【 協力 】日本G.プッチーニ協会/(社)長崎国際観光コンベンション協会
【特別協賛】ホテルニュー長崎
【 後援 】イタリア文化会館 東京/長崎県/長崎県教育委員会/長崎市/長崎市教育委員会
      長崎県音楽連盟/NBC長崎放送/KTNテレビ長崎/NCC長崎文化放送/NIB長崎国際テレビ/
      FM長崎/長崎ケーブルメディア/長崎新聞社/朝日新聞社/毎日新聞長崎支局/
      読売新聞長崎支局/西日本新聞社(順不同)
【問合せ先】長崎県オペラ協会事務局 0957-56-9089
【 販売 】浜屋プレイガイド、絃洋会楽器店、くさの書店西友店
      ローソンチケット(Lコード=85545)
ラ・ボエームは19世紀のパリを舞台にした、
貧しいながらも自由に生きる若者たちの恋と青春を描いた物語です。
長崎を舞台としたマダム・バタフライ「蝶々夫人」をはじめ、
「トスカ」「西部の娘」「マノン・レスコー」「トゥーランドット」など
多くの作品を手がけたイタリアオペラの巨匠ジャコモ・プッチーニによる、
最も世界で親しまれ愛されている演目の一つです。
意外なことに、長崎では初公演となります。
今回のヒロインのミミ役を、オーディションで選ばれた松本佳代子、原さとみが熱演され
また相手役の詩人、ロドルフォ役を、本場イタリアからリッカルド・ボッタ、
ドイツからは第3回マダム・バタフライ国際コンクールin長崎第1位の
キム・ジョンキュが客演します。
スタッフや私達も含めて総勢約160人が力を結集した大きな芸術イベントです。
その中のフルート4名、トランペット6名、打楽器4名、ドラムメジャー1名の
計15名にて出演します。
記念演奏会に少しでも花を添えることが出来るように、しっかり頑張りたいと思います!
是非みなさん見に来てください♪
0001.jpeg
0002.jpeg
誠に恐れ入りますがリンクは記載しておりませんので、
詳しい情報、最新情報につきましては長崎県オペラ協会、長崎交響楽団のウェブサイト
また長崎新聞社のウェブサイト
「龍〜なが」の”2月6日のながさきニュース”にも掲載されております。
あわせてご覧ください。
鎮西学院高等学校吹奏楽部一同

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です